洗面台蛇口からの水漏れ修理

洗面台の蛇口から水漏れしている場合、しっかり蛇口を閉めたはずなのに、ポタポタと水がしたたり落ちているというケースがあります。蛇口から水漏れしているとき、原因の多くはゴムパッキンが劣化していることが多いと言われています。劣化したゴムパッキンを交換することで、蛇口の水漏れ問題の大半は解決します。
自力でなんとかできることも、少なくありません。ゴムパッキンを交換する際の注意点ですが、修理する前に止水栓を閉めておかないと、作業の途中で水が止まらなくなることがありますから気をつけましょう。

■蛇口の部品を交換

最近の洗面台は機能が多様化しており、使い勝手が良くなっています。それでも時間がたてば部品の劣化が起こり、水漏れすることがあります。シャワーヘッドが付いている洗面台も、一般的なものとなってきているようです。シャワーになっているタイプの蛇口については、蛇口を確認すると同時にシャワーホースの状態についても確認しましょう。
蛇口から水が漏れている場合、バルブのつなぎ目から水漏れしているような場合や、ほかにゴムパッキンの劣化などが考えられます。蛇口を分解してみないと原因がわからないこともありますから、内部を分解してみて、劣化した部品を交換することになります。交換する部品は、製造番号などを確認し、同じサイズや形状のものをメーカーから取り寄せることになるでしょう。

■蛇口の本体ごと交換

蛇口の部品だけ交換して水漏れがおさまる場合と、劣化のひどさによっては蛇口の本体の交換が必要になる場合があります。部品を交換して修理できる場合は、メーカーから部品を取り寄せることになりますが、型が古かったりすると、メーカーにも部品がない場合があります。
蛇口自体の寿命は10年程度となり、長い間使っている場合は、取り替えたほうが良い場合もあります。蛇口を取り替えないと、同じところでまた同じような劣化が起こって、修理を繰り返すようなことになってしまいがちです。

■まとめ
蛇口や給水管の接続部分のつなぎ目などをチェックしてみて、水漏れが確認できないようであれば、水道業者に相談してみることをおすすめします。部分的な修理ではなく、本体が故障している場合は、丸ごと交換が必要になることがあります。自分で修理することが難しいと感じたら、水道業者に相談しましょう。
シャワーホース付きの蛇口なども、とても便利な製品です。最新の蛇口に交換すると、使い勝手が驚くほど向上する場合があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ