洗面台ホースからの水漏れ修理

シャワーが付いている洗面台は、シャンプーなどをする際に便利なものです。シャワーヘッドを自由に動かせるように、長いホースが付いているものがあります。シャワーヘッド部分のゴムパッキンの劣化、バルブやナットのゆるみなどが原因となり、水漏れが起こります。
シャワーヘッド以外では、洗面台のシンク下にある水受けから水漏れしていることもあるようです。シンク下にある水受けについても確認してみましょう。

■シャワーホースの水漏れ

シャワーヘッドの部分から水がポタポタしたたり落ちたり、シャワーヘッドとホースをつないでいる部分から水漏れが起こることがあります。シャワーホースは出し入れを繰り返すうちに穴があいたり、ホースの途中の亀裂が入ったところから水が漏れます。シャワーホースをビニールテープや補修テープで補強したり、ゴムパッキンなどを交換しましょう。
床がぬれるほど水があふれているのであれば、蛇口ではなくシャワーホースが原因である可能性も高いでしょう。ボルトのゆるみやゴムパッキンの劣化が問題であれば、ボルトの閉め直しや部品の交換などで手軽に修理できます。シャワーヘッド部分が水漏れした場合は、その部分のみの交換が可能です。メーカーやサイズを調べて、洗面台に合うものを購入しましょう。

■水受けから水漏れ

シャワーを使う際に、シャワーホースから流れるお湯は、洗面台のシンクにたまります。洗面台のシンクには、床にお湯がこぼれ落ちるのを防ぐために受け皿が付いています。受け皿がたまった水を排出できないために、床下に水漏れしてしまうというケースもあります。受け皿にヒビが入った場合は、受け皿ごと交換する必要があります。洗面台自体がヒビ割れを起こしている場合は、洗面台ごと取り換えるケースもあるようです。シャワーホースや水受けにヒビが入ってしまった場合は、水道業者に交換を依頼しましょう。

■まとめ
洗面台のシャワーは、頻繁に出し入れを繰り返すことから、ホースの部分がいたみやすい状態になりがちです。シャワーホース部分のみに不具合があった場合、自分で交換できる知識を持ち、部品などを自分で調達できるのであれば自分で修理することも一つ方法です。
蛇口やシャワーホースはホームセンターなどで購入できますから、自分で交換することもできそうです。シャワーホースだけが壊れている場合は、蛇口にくっついていれば蛇口ごと交換する必要があります。給水管を取りはずす必要があるため、自信がない場合は水道業者に水道 工事を依頼すると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ