洗面台排水管からの水漏れ修理

洗面台のシンク下の収納戸棚には、真ん中に排水管が通っています。収納戸棚の中に、洗剤やお掃除グッズなどをいろいろしまっている家庭がは少なくありません。
収納戸棚に詰め込んだ物が排水管にあたってしまい、接合部分がズレることで水漏れするケースがあるようです。収納戸棚で水漏れすると湿気がこもり、カビなどが発生しやすくなりますから、定期的に換気をしたり、収納している物をチェックすることをおすすめします。

■部品のゆるみ

排水管の接続部分に使われている部品が、なんらかの理由でゆるんでしまうことがあります。ボルトなどの部品がゆるむと、そこから水漏れします。排水管のどの部分から水が漏れているのかをチェックして、ボルトやナットなどの部品を閉め直しましょう。部品を閉め直した後で洗面台に水を流してみて、水漏れが止まれば修理できています。
部品を閉め直しても水漏れが止まらないときは、排水管のゴムパッキンが劣化している可能性もあります。ゴムパッキンが劣化することで、その部分から水漏れが発生することがあります。ゴムパッキンはホームセンターなどで売られており、金額もそれほど高くありません。ゴムパッキンの交換程度であれば、自力でできるのではないでしょうか。

■配水管の詰まり

洗面台の配水管に髪の毛やゴミ、歯ブラシなどの異物を落としてしまい、詰まらせてしまうこともあります。配水管に異物があること原因で、配水管にヒビが入ってしまうこともあります。配水管のヒビ割れから水漏れが起こります。
洗面台の排水口から床下の排水管へとつながる部分にS字トラップと呼ばれる部分があります。S字形になっている理由ですが、S字の部分に水をためることで排水管から悪臭が洗面台に上がってくることを防ぐためです。悪臭を止める工夫などはされていますけど、S字になっていることで詰まりやすくなるところでもあります。S字トラップはメンテナンスのためにはずれるようになっていますから、洗面台から何か落とすなどして詰まったときには、S字トラップの部分をはずしてみると良いでしょう。

■まとめ
排水管の接続部分に使われている部品がゆるんでいるだけの場合は、自分で修理することが可能です。部品はホームセンターなどで購入することもできますから、安くすませることも可能です。
排水管が詰まったときは、S字トラップの部分をはずしてみると良いでしょう。詰まった異物を取り除いた後は、キレイにお掃除しておいてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ