洗面台の水漏れ修理パターン

洗面台の水漏れ修理パターン 洗面台で水漏れが起きた場合、いくつかの原因が考えられます。蛇口から漏れているかもしれませんし、給水管が詰まっていることも考えられます。洗面台が水びたしになっている場合は、最初に漏れている場所を確認しましょう。水分が多い場所であるだけに、濡れているだけで水漏れと勘違いしていることもありそうです。次に、ナットやボルトがゆるんでいないかチェックします。水がポタポタしたたり落ちるのをそのままにしておくと、水道料金が高額になってしまうこともありえます。なるべく早く修理したほうが良いでしょう。

■蛇口から水漏れ

洗面台の水漏れで真っ先に考えられる原因のひとつが、蛇口です。しっかり閉めておかないと、水が止まりません。蛇口の故障やゴムパッキンの劣化などでも水が漏れます。しっかりと水道のレバーを閉め直しても水が止まらず、ポタポタとしたたり落ちたりする場合は部品の劣化や故障がある可能性が高いです。洗面台に取り付けられている蛇口は、レバータイプやハンドルタイプ、混合水栓などさまざまな形状をしています。形は違ったとしても基本的な構造はだいたい同じなので、分解してみるとわかりそうです。
一般的な蛇口の場合はゴムパッキンの劣化、バルブカートリッジという部品の劣化などが考えられます。蛇口の中の部品やゴムパッキンなどを取り換えると解決することもあります。場合によっては、蛇口を丸ごと取り換える必要もあります。その場合は水道業者に相談しましょう。また水道に関する知識がない場合や工具などが揃っていない時も業者を頼ることが賢明です。

■シャワーホースから水漏れ
洗面台の蛇口に、シャワーホースが取り付けられているご家庭もあるでしょう。洗面台に付いているシャワーホースは、髪を洗うときなどにたいへん便利です。シャワーホースは、消耗品とも言えるもので、使えば使うほど劣化が激しくなります。
毎日使っているうちに、劣化によりホース部分に亀裂が入ったり、シャワーヘッド部分のゴムパッキンが劣化して、不具合が起こったりするケースもあります。洗面台とシャワーホースとの接続部分なども、水が漏れやすいところです。シャワーホース付き洗面台のご家庭は、この部分からも漏れていないか確認してみましょう。

■給水管の詰まり

洗面台の給水管が詰まることで、水漏れが起こる場合があります。給水管の場合も、ほかの管と同様にボルトのあるつなぎ目の金具がゆるんでいないかを確認しましょう。ボルトがゆるんでいるだけでほかに異常がない場合は、ゆるんでいるところを閉め直すだけで水漏れが止まることもありえます。ボルトを閉めても水が止まらない場合は、中にあるゴムパッキンの劣化が考えられるので、取り替える必要があります。
給水管のそばにS字トラップと呼ばれるパイプ部分があり、この部分にヒビが入って水が漏れてしまうこともあります。一時的な修理の方法としては、S字トラップに防水テープなどを巻いておくと良いでしょう。あくまでも一時的な修理ですから、それでも水漏れが続く場合は水道業者に相談します。

■まとめ
洗面所周辺は洗面台で顔を洗ったり、洗濯したりすることから、周辺に水が飛び散りやすい場所です。 水漏れによって床がぬれているのか、ほかのことでぬれているのか判断がしにくいことがあるでしょう。いつの間にか床が水びたしになっていたり、床を拭いた後でもぬれたままだったりしたら、どこからか水が漏れている可能性があります。
洗面台周辺の水が、床にまで広がってしまうこともあります。少量の水であれば、漏れているところを探して止める時間的な余裕がありそうですけど、床が水びたしになってしまうほどひどい場合は、一刻も早く修理する必要があります。中途半端な修理をして状態が悪化することもありえます。自分で直す自信がない人は、水道業者に依頼することで安心感を得ることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース